オフィスホワイトニングの白さの持続

subpage01

オフィスホワイトニングの白さの持続は、利用するメニューによっても差はあるものの、だいたい3ヶ月間から半年間ほどになります。ですから持続を意識してのケアでは、デンタルクリニックに毎月通って治療をしなくても、数ヶ月おきのケアで大丈夫です。気になるならば、普通の歯科医院でも歯のクリーニングをしてもらえるので、保険適用のクリーニングを受けてもいいでしょう。
デンタルクリニックにあまり通えないという人には、ホームホワイトニングをして、歯を白くしていくことができます。



その人専用にマウスピースを作るので、最初はデンタルクリニックへ行く必要があります。出来上がったマウスピースと、ホームケアで使用する専用の薬剤を使って、ホームケアで歯をじっくりと白くしていきます。
ホームホワイトニングは、家にいながら自分で手軽にできる方法ですから、自分の都合に合わせて気が向いた時に使える便利さがあります。


利用方法によっては、歯の白さをもっと高めたり、持続性を持たせることもできます。時間をかけて歯の色を白くさせる方法ですから、その分より歯の色の白さは持続しやすくなります。
デメリットとしてはホームケアとして、慣れるまでにはやり方自体に、面倒だなと感じることもありますが、だんだん慣れていきます。



1回だけでは歯の白さはわからないので、何回もする必要があります。

朝日新聞デジタル情報は必ず役に立ちます。

ですが、毎日のホームケアで使用すると、徐々に歯には白さが感じられるようになってきます。

医療の事柄

subpage02

歯の黄ばみや着色に気になっている方ならば、ホワイトニングを行ってみることがおすすめです。その方法については、いくつかの手段を挙げることができますが、まずは自宅で頑張ってみることもおすすめです。...

NEXT

医療の秘密

subpage03

ホワイトニングは、1989年にアメリカで実用化された技術で、歯の表面に付着した色素を落とし、歯の中にある色素を分解して歯自体を白くしていく方法で、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングの2種類があります。オフィスホワイトニングは、歯に専用の薬剤を塗布した後、光を当てて歯を白くする方法が一般的で、光を当てると薬剤が活性化し、薬剤が分解するときに発生する水酸基ラジカルが歯の色素を分解して歯を白くする仕組みです。...

NEXT

医療について思うこと

subpage04

歯の矯正は、子どもの頃にやるものと思っていましたが、最近、大人の方でもされている方を見かけます。実際、娘もかなり早い段階で「八重歯になるので矯正をするかどうか考えてみてください」と、言われていました。...

NEXT

おすすめ情報

subpage04

歯並びが気になっていても、矯正は目立つので躊躇してしまう、という方はたくさんいるでしょう。しかし、現在では目立たない矯正装置も多く出ており、今では、誰にも気づかれずに綺麗な歯並びにすることが可能です。...

NEXT